ゲインロス効果を学ぼう

ギャップ萌えを学ぼう

合コンや街コンで「あ、この人いいなあ……」と思える人がいたとして、なんとかその人に自分のことを好印象な女性として意識づけるためのテクニックを紹介します。

そのテクニックとは「ゲインロス効果」

実はこのゲインロス効果は今もっとも多くのメディアで注目されている恋愛心理学で、その効果はどんな男性でもときめかせることに期待できるのです。

このモテる女なら誰でも使っているテクニックを紹介します。

ゲインロス効果って?

そもそもゲインロス効果とはなんなのでしょうか。

「ゲイン=得る、プラス」と「ロス=失う、マイナス」の言葉通り、ゲインロス効果とはプラスマイナスの差が大きいほど周囲に強い印象を残すことを意味します。

具体的にいえば最初の印象を下げて、付き合っていくうちに印象を上げることで評価がより上がりやすいという心理効果のことです。

漫画やドラマなどでよくあるコワモテの不良の生徒が雨に濡れた子猫を拾っている姿で心がときめくというワンシーンはこのゲインロス効果を用いたものです。

つまり、ゲインロス効果とは今流行りのギャップ萌えのことなのです。

ギャップ萌えが真骨頂を発揮するのは互いにどういう人かが割れていない初対面です。

そのため、合コンや街コンのような婚活でこそゲインロス効果は効果覿面です。

重要なことは「けなして褒める」「下げて上げる」です。

最初は多少「クールな人」、「とっつきづらい人」という印象を与えても問題ありません。

それこそできるオトナの女性を演出するのなら「仕事に対するスタンスが多少真面目な人」という印象でも良いでしょう。

意中の人が自分に対して多少のマイナスを持ち始めた時がゲインロス効果がもっとも発揮する時です。

「実はかわいいものが好き」、「ユーモアセンスに溢れている」、「庶民的」、「アニメなどが好き」……このようなとっつきやすさや親しみやすさをあとになってアピールすることで印象のふり幅は大きくなり普通に接するよりも好印象を抱かせやすいのです。

言動だけでなく服装でもオンオフの服装での違いでもゲインロス効果を実感することができるので覚えておきましょう。