嫉妬のストラテジーを学ぼう

嫉妬を恋愛の駆け引きに使う!

友達以上恋人未満の男性がいて、その人との仲を急進させたいと思っている女性に是非とも使って欲しい恋愛テクニックを紹介します。

そのテクニックとは「嫉妬のストラテジー」

この嫉妬のストラテジーを理解した行動をすることで、うじうじと煮え切らない(いわゆるヘタレ)男を動かして、片思いから卒業することができます。

できるオトナの女性なら誰でも使っているテクニックなので是非覚えてみてください。

嫉妬のストラテジーって?

そもそも嫉妬のストラテジーとはなんなのでしょうか。

ストラテジーとは戦略や方法を意味します。

つまり、嫉妬のストラテジーとは片思いの恋の駆け引きにおいてジェラシーを上手く利用して自分に気持ちを向けさせる恋愛戦略ということです。

世の中の女性の中にはこの嫉妬のストラテジーを知らずに使っている人もいますが、やはり知って理解した上で効果的に使うのが一番男心に刺さるので覚えておきましょう。

嫉妬のストラテジーは付き合っていない男女の仲で最高の効果を発揮します。

いつも一緒にいるのに付き合っていない、あと一歩踏み出すだけなのに手を差し出してくれない、そんななあなあの関係から本気の恋愛に変える効果を持っているのです。

嫉妬のストラテジーの具体的な効果を紹介します。

誰でも目の前にいて、隣にいて当たり前の人がいなくなってしまうという虚無感や寂寥感は考えるだけで誰もが不安になってしまいます。

さらに、相手が他の誰かのものになり自分に気が向かなくなるかもしれないとすればその虚無感や寂寥感はさらに増してしまいます。

この効果は恋愛に対して保守的な人(二人の仲が煮えきらない人)ほど強い影響があります。

この嫉妬を心から引き出すために戦略的に嫉妬心を煽りましょう。
本人は煽られ嫉妬することで初めてあなたに恋してたんだという気持ちにやっと気付きます。
この気付きとそこから踏み出す大きな一歩こそ嫉妬のストラテジーの戦略的なねらいなのです。

この嫉妬のストラテジーを上手く使う具体例を紹介します。

1つは片思い中の男の友達に接近すること。

その友達からあなたの情報が自然と耳に入る機会が増えるので、あなたと友達との仲を邪推させるようにすれば成功です。

この方法の注意点は片思い中の男と親密な男を選ぶことが必要なことです。

もう1つは他の異性からアプローチをかけられたことを意中の男性に相談することです。

結婚を意識させたい時にはアプローチではなくお見合いを打診されたという風に応用することをおすすめします。

嫉妬のストラテジーは効果的な反面、乱用することは控えるようにしましょう。

また、脈なしの場合は相手が嫉妬心を抱くことがないので見切りやすく、すぐ次の行動をしやすいというメリットがあります。